2010-01-31

哲学者

 哲学という学問を決してバカにしているわけではありません。哲学は物事の考え方の根源、大事な学問です。









 ですが、ですが哲学の先生は、私からみれば、お笑いの師匠です。真顔で面白いことをやっている、これこそお笑いの基本です。





 20分ほど遅れて教室に入って来て、上着を脱ぎ、何をするのかと思えば、自分の持ってきたハンガーにそれを吊るし、黒板の左にかける。次に強い息で自分の座る椅子を吹き、チョークの粉を飛ばす。ハンカチでその椅子を拭き、やっとそこに座る。そこまで5分かかってます。ってことは25分遅れてるんです。最初に何を言うのかと思えば





 「急いだんだけれど、遅れてしまった」



 天井を見上げてそんなこと言われても。電車に乗り遅れたって、素直に言えばいいのに。





「えーつと!」



 どこの国の言葉? ホーストって先生は中学の頃いたけど、「ええと」でいいじゃない。





 「電車の中の若者は、なぜドアーの近くに立っているのであろう。皆さんもそうなのですか?」



 って聞かれても。知らないよ。いたいからいるんじゃないの? そんなこと、いちいち考えてたら、緊急の場合にどうするの? そんなこと考えてるから遅刻するんだよ。





 「ミルクコーヒーとは非常においしいと思う」



 それは分かるけど、それ今ではカフェオレって言うんだよ。





 「途中で出るな! なぜ君は途中で出てゆくんだ !?



 って、指さされても、彼は用事思い出したんじゃないの? バイトかもしれない。欠席しても遅刻しても怒らないのに、途中で出ていくことにだけ何でそんなに怒るの?





 「私は一片のパンと水で満足である」



 それ、ここの本に書いてあるけど、そんなはずないよ。あんただって脂ギトギトのチャーシューメン食いたいことだってあるはず。それに、大学教授なんだろ? そこらの高級レストラン行って、いい肉でも食ったら?





 「試験はおこなわない。レポートをもってこれにかえる。ただし、200字づめの原稿用紙とする」



 どこに売ってんの? A4のワープロ用紙にさせてよ。俺探したよぅ。結局使ったのは5枚だったよ。残りはメモ用紙だった。どうしてくれんの?





「来週は休講とする。それは私の疲労ということもあるから」



世の中の人皆疲労してるんだよ! あんたそれで飯食ってんじゃないの?





「今日はここまで」



まだ20分残ってるよ。





成績みたら C じゃない。何だったの? あんたは。





実は私、お笑いの専門です。



喜んでいただけました?

スポンサーサイト



2010-01-28

後悔

 ここにきてくださっている、わずか数十人の人にだけ言っておきます。



 「諦めた顔のまま死んでゆけるのか !?」、 私はそうはいかないです。



 あの時に、どうしてそうしなかったのか。言わなかったのか。友達でも、異性でも、職場の上司にでも。進路についても。そうしていたら、自分の人生、少しはかわっていたのかもしれない。



 もちろん皆さんは、家庭のこと、仕事のこと、いろいろ考えていて、こんな初歩的なこと考えている暇はないのかもしれませんが。



 私は十何年、何十年も前のこと、今でも引きずり、考えています。これから先このまま、何の解決もつけないまま進んでいくこと、それはできないです。



 だからと言って、今考えても、それもまた何もできないのですが。タイムマシーンでもあればいいのですが、あんなものアニメや映画の世界での、非科学的なもの。何百年経ってもできないです。



 「時間が見えるか?」と聴くと、時計を指差す人がよくいますが、時計なんてものだって、時間を表すただの目安。時は見えないまま進んでゆく。過ぎた後に気付いても、そのときにはもう遅い。



 後悔は、しないでください。法治国家にいる以上、法律に違反しない範囲で、やりたいことやってください。どこかの哲学者が言う「倫理」なんてものに反したって、それはいいじゃないですか!















2010-01-25

通りすがりの恋

 とくに男だったら誰にでもあると思います。なぜ、あの時のあの人に「好きだ」という簡単な一言を言わなかったのか。言っていたのならば、その人はこのすぐ隣にいてくれたのかもしれない。





 お互い好きであっても、どちらからも言いだせなくて、時とともに自然に消えていってしまう。後悔してます。





 私は ゲス ですが、そういった人は一応、数人います。地球上のどこかで幸せに暮らしていてくれているのならばいいのですが。



 間接的に「鈍い男!」と言われたことも。





 どうしたら許してもらえるんでしょうか。その人達が今、目の前に全員いたのならば、一人一人に土下座して謝りたいくらいです。なぐってもらっても結構。





 *





 自分に酔っているのは分かっています。

2010-01-25

お婆ちゃん

 お婆ちゃんって、ありがたい存在ですよね。





 父でも母でも、お爺ちゃんでもなく、お婆ちゃん。





 私が幼少の頃、駄菓子屋さんでくじを引いても、ぜんぜん当たらなかったんです。祖母に話したら「これで1箱全部買ってきなさい!」と言って2千円だしてくれました。実際に1箱買ってきたのですが、その中に当たりは1つもなかったんです。祖母はきれまして、その駄菓子屋さんに「子供を騙して!」と怒鳴り込みに行ったそうです。





 私が持っている運転免許、普通二輪です。この免許のお金を出してくれたのも祖母なんです。ただポンとくれたのではなく「ここに毎日来て掃除をしなさい」と言ってくれました。当時、私は高校1年。バイクの免許は校則違反だったのですが、学校が終わると毎日、祖母の家の掃除にいきました。日給¥3000くらいでした。それをためて免許をとりました。ですから、この運転免許自体が交通安全のお守りです。





 弟が拾ってきた犬も飼ってもらいました。祖母は寂しくなると、その犬の首輪をはずすんです。そうすると、その犬は私を迎えに来たんです。祖母の家までその犬を送っていくと、お茶をだし、しばらくお話をして、おこずかいをくれました。





そのほかにもいろいろ、思い出はたくさんはありますが。





 86(87)歳の時に小脳梗塞になり、寝たきりに。叔父が介護をしていました。





 ある日の夜、私は安いワインを飲んで酔っていたのですが、その叔父から「お婆さんが変だ、すぐ来てくれ!」と電話を受けたんです。酔っ払い運転でバイクに乗り向かったのですが、みたらば呼吸困難の状態でした。意識レベルは100程度(刺激しても覚醒しない)





 私は叔父に「俺に電話するより先に119だろ!」と怒鳴りつけながら、消防署に救急出場の要請をしました。次に、当時勤めていた病院に連絡し「カルテをだしておけ」と伝え、また酔っ払い運転でその病院に向かい、勤務時間外ですが、受け入れ態勢を全て整え、救急車入り口で、私が祖母を受け入れました。





 その日は持ち直したのですが、次の日の午後、亡くなりました。88歳でした。





 死亡診断書の割印を押し、発行番号を書いたのも私でした。





 当時のその仕事けっこう、やりがいがあったのです。祖母は、その私に「最後にやってちょうだい」と言ったのだと、今でも思っています。

2010-01-23

ギター弾語り(初心者用)

 そんなに難しいものではないです。ギターに限らず何でもそうですが、恐れずにやってみるのです。楽譜は読めなくてもできます。

 用意するものは、もちろんギター、フォークギターかエレクトリックギター。最初はガットギター(ナイロンギター)はお勧めできません。エレクトリックギターは自分で練習する分にはアンプは必要ありません。音はでますから。リサイクルショップ等で¥10000くらいのものでも大丈夫。

 楽器屋さんでコードブック、音叉、ピック、好きな曲のコード付きの楽譜(AmBmなどが5線の上に書いてあるもの)

 左手の爪は切っておいてください。

 先ずはチューニング。ギターの弦 6 音は上から ミ・ラ・レ・ソ・シ・ミ となってます。音叉の音は ラ ですから、5弦をこれに合わせます。音叉を使うのはここまでです。つづいて6弦の5フレッド、これも ラ ですから、5弦の音に合わせます。同じように4~1弦をすぐ上の弦の5フレッドと同じ音にします。ただ、2弦を合わせるときにだけは3弦の4フレッドと同じ音にします。

 では、コードブックで調べて A のコードを弾いてみてください。たぶん音がでないでしょう。親指と人差し指の間の筋肉が鍛えられていないからです。弾いているうちに少し痛くなってきますが、慣れてくれば音はでるようになります。

 また、指先も痛くなってきますが、弾いているうちに皮が厚くなってきますから、それも消えます。

 あとは楽譜に書いてあるコードをコードブックで調べ、TVにでているギターリストと同じように右手を曲に合わせて、ピックでストロークするだけ。

2010-01-22

年老いた父

 今日は実家の電気製品の下見に大型電気量販店にいきました。運転は父、助手席に母、後部座席に私。





 父は64歳、若い頃から運転で飯を食っている人間です。私はそれで育ててもらいました。





若い頃(岩城滉一さんにちょっと似ていました)は、後ろに野菜や果物を載せ、大型トラックで高速道路を飛ばしていました。





愛車は高級とは言わないまでも、準高級車に乗っていたのですが、今では軽自動車です。





今はお客さんを目的地まで送り、料金をいただく仕事をしています。





 免許証をみれば「種類」の欄はビッシリ。「元自衛官?」というほどです。軽い交通違反でパトカーに止められたとき、警察官には「運転手さん、プロじゃないですか」と言われたことがあったそうです。





 でも今日、後ろから父の運転を見ていて「あれ?」と思うことが多々ありました。車線変更のときのウィンカーをだすタイミングが遅い、あるいはださない。後方確認をしない。私が「こうすればいいのに」と思うところをそうしない。まるで私がバイクに乗っているときに前を走っているオバちゃんの運転をみているようでした。





 今、仕事で後ろに乗せているお客さんの命は大丈夫なのか。





 「年老いた父」を感じました。





 でも、その「年老いた父」を今でも働かせているのは、長男である私なのですが。

2010-01-19

CAROL

 矢沢永吉、確かに私の神様です。音楽、生き方だって教えてくれています。





 でも、ただ1つ。CAROLのメンバーをなぜ捨てたのか。それもお金を払って手を切るようなことをして。





 自分の出発点にいてくれたメンバーではないんでしょうか。彼らがいなかったら、今の矢沢永吉はいなかったのではないでしょうか。アメリカが出発点ではなかったはずです。





東京ドームで「ルイジアンナ」をやっているときに「やっぱり、このメンバーのほうがいいよなぁ」と思ったのは当たり前でしょう。でも、その裏では「三十何年以上前のあのサウンドもまたよかったよなぁ」と思っていたはずなんです。





 本人もよく言ってるではないですか。「キャロルってバンドでデビューしまして、その後肩からベースギターをはずして・・・」。やっぱり忘れてないんですよ。





 60歳の記念ライヴ、CAROLのメンバーがバックで1曲でもやってくれたら、ファンは涙流して喜んだでしょう。





 たとえば、ライヴが、ツアーが終わった後、寝る前にでも、ほんの一瞬でも彼らの顔、思い出しているはずなんです。





*





 私はYAZAWAほどの人間でも何でもないですが、30年前のメンバー(といいますか、私はやらせてもらっていたようなものでしたので、私の方が「メンバー」だったのですが)忘れていませんよ。顔、声、楽器やっているときの姿、クセまで。





 もっと前(幼稚園、小学校、中学校)、その後の仲のよかった友達、好きだった人のことだって。今どうしているのか。幸せなのか。誰でもそうでしょうが、寝る前に、似た人を見たとき、ふと頭を過ることがあります。最近多いですが。





 私が死ぬのは5年後なのか10年後なのか、お爺ちゃんになってからなのか分かりませんが、そのときに家族がいたのなら、その人達のことはもちろんですが、今まで出会ってきた大事な人達のことは、よく言う「走馬灯」のように頭に浮かび、それから息を引き取るのでしょう。





 ちょっと、だんだん話がそれてきましたが、最後に・・・





 なんちゃって ()

2010-01-17

必須アミノ酸

 トリプトファン、ロイシン、リジン、バリン、スレオニン、フェニルアラニン、メチオニン、イソロイシン





 これらは人体内ではつくられず、外から摂取する必要のあるアミノ酸で「必須アミノ酸」といいます。





 「トロリーバス不明」(ト・ロ・リ・バ・ス・フ・メ・イ)と覚えてください。





 高等学校では教えないと思いますが、たまに大学入試にでます。2.3点くらいのUPにはなるでしょう。



 受験生!がんばれ! (責任もてませんが)

2010-01-16

Holsteins

 先程、中学当時のバンド仲間、HolsteinsのサイドギターM.T君に電話したんです。





 仕事中で申し訳なかったですが、私は「もう一回やろう!」と言ったんです。そうもいかないですね。無理ですね。





 でも、彼は昨年年末、YAZAWA 観にいったそうです!嬉しかったです! 今でも ROCK’N’ ROLL やってるんだ!





 俺はやってるのか?

2010-01-15

September moon

 9月の月は確かに美しいです。



 暑い夏が終わったら、夜空を冷静な目で見ることができます。でも、べつに9月の月でなくても。何月の月でも私は好きです。





少なくとも「人の過ちの愚かしさ」は照らしてくれていますから。





太陽は私にとって眩しすぎます。



*





 べつに深い意味はありません。





 人の過ちというのは多くの場合、夜に起こり、その愚かさについて人が考える、反省?する人もそうでない人もいますが、それもまた夜で、そこには美しい月(moon)が浮かんでいるということです。





 それでも分からない人は 矢沢永吉 の 「September moon」 を聴いてください。

古いカレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
魔法占い
地震情報
文部科学省
バックナンバー
お財布.com
  • お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
カテゴリ
最新トラックバック