2011-05-06

酒と泪と男と女

Sn3s0005



YouTube: 酒と泪と男と女/河島英吾

Sn3s0003





 



 分子模型です。



 上が、酒に入っているアルコールの エタノール(C2H5OH)。体内で酵素により分解(酸化)されると、下の アセトアルデヒド(CH3CHO) になります。





 アセトアルデヒド が、体内にたまると不快な気分になり悪酔いする(飲まれた状態になる)というわけです。



 これが、酔っ払いの匂いなんです

スポンサーサイト



2010-08-14

ノンアルコールビール

C77ff_140_87e465c8413b3dbba607970e3

 最近、いろいろなものが販売されています。



 もちろん、ノンアルコール であっては ビール ではないんですが。





 缶に書いてある数字、0.00%・・・これ、化学の人間がいった数字のはずです。





 営業、広報等の人間であれば、0% や 0.001% と書くはず。





 化学の人間が最終的にこの飲料に含まれている エタノール を定量分析したところ、ほとんど 0 であるから 0.00% と書いたんです。





我々化学の人間が教育されたのは、下3ケタ目は 四捨五入するといったものです。



 0.001~0.004% 0.00% でいいんです。





 全く入っていないと思っていいんです。

D5fde_140_af7aff54255c78318efd357_3

2009-11-11

アルコールの分解

 よく、酔っ払いや二日酔いの人の匂いをかいで、「酒臭い」という人がいますが(私も職場でよく隣の女の子に、昨夜また飲んだでしょ?お酒臭い!なんて言われたことが何度もありましたが(笑))、本当にアルコール(エタノール)の匂いがしますか?違いますよ。それは「アセトアルデヒド」の匂いなんです。



 酒(エタノール)が体内でエタノール脱水素酵素によって酸化され、アセトアルデヒドという化合物に変化するんです。その続きでアセトアルデヒド分解酵素なんてものもあるんですが。その際には体内の水が使われ、ですから酒を飲んだ翌朝、水がおいしいんです。



 一般に日本人はエタノール分解酵素の活性が低く、無い人もいます。一口飲んだだけで、顔が真っ赤なんて人いますよね。



欧米人はエタノール分解酵素の活性が高いんです。ですからバーボン、スコッチなどストレートで飲むし、酔っ払って顔を真っ赤にして町をフラフラ歩いているアメリカ人なんて見たことがないでしょ。



 また、エタノール分解酵素はエタノールを少しづつ摂取することによって活性がだんだんに高くなります。弱い人でもだんだん飲めるようになってしまうということです。ちょっと悪い情報でしたかね。

古いカレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
魔法占い
地震情報
文部科学省
バックナンバー
お財布.com
  • お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
カテゴリ
最新トラックバック